1. ホーム
  2. 話題
  3. 県がインフルエンザ警報発令 患者報告数、厚木地区が最多

県がインフルエンザ警報発令 患者報告数、厚木地区が最多

話題 神奈川新聞  2019年01月17日 10:35

神奈川県庁
神奈川県庁

 インフルエンザの患者発生数が県内で増加していることを受け、県は17日、インフルエンザ流行警報を発令した。

 県健康危機管理課によると、定点観測している県内345の医療機関で、1月第2週(7~13日)の1医療機関当たりの患者報告数が36・50となり、警報の基準値(30)を超えた。昨季は昨年1月第3週に基準値を上回り、同月25日に発令した。

 地域別(保健所管内)では、厚木の55・38が最多で、秦野の42・70、大和の38・27が続いた。同課はこまめな手洗いによる予防に加え、せきやくしゃみが出るときはマスクをする「せきエチケット」の徹底を呼び掛けている。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング