1. ホーム
  2. スポーツ
  3. J1川崎、29選手が宮崎で始動 最年長憲剛、進化求め貪欲

J1川崎、29選手が宮崎で始動 最年長憲剛、進化求め貪欲

スポーツ 神奈川新聞  2019年01月16日 17:00

始動日から鋭いパスワークを見せる川崎・中村=宮崎県綾町の錦原運動公園
始動日から鋭いパスワークを見せる川崎・中村=宮崎県綾町の錦原運動公園

始動日から鋭いパスワークを見せる川崎・中村=宮崎県綾町の錦原運動公園
始動日から鋭いパスワークを見せる川崎・中村=宮崎県綾町の錦原運動公園

 リーグ3連覇を目指すJ1川崎は16日、宮崎県綾町の錦原運動公園でキャンプインした。

 負傷中で別メニュー調整となった守田を除く、29選手が参加。昨季のJ1年間最優秀選手の家長やチーム最年長38歳の中村をはじめ、ロンドン五輪得点王の元ブラジル代表FWレアンドロダミアンら新戦力7人も精力的に体を動かした。

 同日昼に宮崎入りした選手らは、夕方からの練習でフィジカルトレーニングやボール回しなどのメニューを意欲的に消化。過去2年でチームを連覇に導き、就任3年目でクラブ初の複数タイトルを狙う鬼木達監督(44)は「初日はマイペースでいい。これから徐々に上げていく。新戦力が加わった中、チームの基礎の部分である戦術をこのキャンプで浸透させたい」と充実の表情で話した。

 宮崎キャンプは26日まで。31日からは沖縄県内で2次キャンプを行い、来月16日に行われる天皇杯王者・浦和との富士ゼロックス・スーパーカップを経て、リーグ戦開幕に備える。


小林(左)と言葉を交わす川崎・鬼木監督
小林(左)と言葉を交わす川崎・鬼木監督

一筋貫き充実の時

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする