1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 「より良い交通環境考えよう」 鎌倉市がシンポジウム

「より良い交通環境考えよう」 鎌倉市がシンポジウム

政治行政 神奈川新聞  2019年01月15日 01:57

鎌倉市役所
鎌倉市役所

 休日を中心に深刻な交通渋滞に悩む鎌倉市は27日、交通環境の在り方を考えるシンポジウムを鎌倉商工会議所会館ホール(同市御成町)で開く。市が2020年の導入を目指す「ロードプライシング」などについて説明する。

 シンポでは基調講演とパネルディスカッションを予定。講演では、松尾崇市長と慶大の蟹江憲史教授が、鎌倉地域に流入する車両に課金して交通量を抑制するロードプライシングの取り組みなどを紹介する。

 パネルディスカッションでは、2人を含む5人の有識者らが市の抱える交通面での課題やその解決策について意見を交わす。

 市交通政策課は「住民や働く人々、観光客にとってより良い交通環境をつくるにはどうしたら良いか、考えるきっかけになれば」と話している。

 午後2時~4時。入場無料。申し込み・問い合わせは同課電話0467(61)3658。


シェアする