1. ホーム
  2. 話題
  3. 「語り継ぐにはまず学びから」 川崎で被爆体験を聞く講座

「語り継ぐにはまず学びから」 川崎で被爆体験を聞く講座

話題 神奈川新聞  2019年01月15日 01:51

 戦争の悲惨さを見詰め、平和の尊さを学ぼうと原爆の被害者に体験を聞く講座が30日、川崎市幸区の幸市民館で開かれる。市教育委員会の主催。

 体験を語るのは県原爆被災者の会のメンバーで同市高津区在住の山口淑子さん。1945年8月6日、13歳だった山口さんは広島の爆心地から1・3キロの自宅で被爆した。子どもたちに平和の大切さを胸に刻んでほしいと、核兵器の恐怖や差別を受けてきた半生を語り継ぐ活動を続ける。

 子どもの人権をテーマにした連続講座の1こまで、担当者は「戦争体験者が減りゆく中、子どもに語り継ぐためにまず大人が学ぶ必要がある。ぜひ親子で参加してほしい」と呼び掛けている。午後3時~同4時半。対象は小学4年生以上で無料。定員は30人で申し込みが必要。問い合わせ・申し込みは、幸市民館電話044(541)3910。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会