1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 原点で大暴れ誓う 巨人・原監督が意気込み

原点で大暴れ誓う 巨人・原監督が意気込み

スポーツ 神奈川新聞  2019年01月13日 17:00

東海大の駅伝チーム主将・湊谷(左)と男子バスケットボール部主将・内田(右)から花束を手渡され、笑顔で記念撮影に応じる巨人の原辰徳監督=東京都千代田区の東海大校友会館
東海大の駅伝チーム主将・湊谷(左)と男子バスケットボール部主将・内田(右)から花束を手渡され、笑顔で記念撮影に応じる巨人の原辰徳監督=東京都千代田区の東海大校友会館

 「東海大は私にとっても、原家にとっても、出発点。父が三池工で優勝して東海大相模に来て、小学6年の時にサガミが全国優勝。サガミで野球がしたかった」。あいさつの冒頭、巨人・原辰徳監督はタテジマのユニホームに身を包んだ高校時代を振り返った。

 東海大相模高時代は1年春からレギュラー。父・貢氏との「父子鷹(おやこだか)」で夏は

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする