1. ホーム
  2. 社説
  3. 【社説】無投票選増加 民主主義揺るがす事態

【社説】無投票選増加 民主主義揺るがす事態

社説 神奈川新聞  2019年01月13日 00:17

社説
社説

 民主主義は少数意見を尊重した多様な民意が反映されてこそ成り立つものである。

 その土台とも言うべき選挙が満足に実施できなければ、有権者は大切な1票を投じられない。とりもなおさず行政に対する民意の受け皿が確保できなくなることを意味しよう。

 約3カ月後に迫った統一地方選前半の県議選で、全48選挙区のうち30近くの選挙区で候補者が定数を超えず、無投票となる可能性が生じている。特に横浜市神奈川区と川崎市高津区の2選挙区は定数割れの状況にある。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする