1. ホーム
  2. 話題
  3. 県内の愛好家、丹精込めた盆栽展示 14日まで、藤沢

県内の愛好家、丹精込めた盆栽展示 14日まで、藤沢

話題 神奈川新聞  2019年01月10日 02:00

逸品が並ぶ県銘品盆栽展
逸品が並ぶ県銘品盆栽展

 県内の盆栽愛好家による逸品が並ぶ県銘品盆栽展が9日、藤沢駅北口のさいか屋藤沢店5階催事場で始まった。昨年に続いての藤沢開催で、丹精込めて手入れしてきた41点が来場者を魅了している。14日まで。入場無料。

 約150人の会員を擁する県銘品盆栽会(青蔭文雄会長)が主催して44回目を迎えた盆栽展。松や梅、ツバキといった新春らしい樹木のほか、ブナやカエデなど落葉樹も並ぶ。

 最高賞の県知事賞には梅原武さん(秦野市)の黒松が輝いた。「木の姿や幹の太さが素晴らしい」と青蔭会長も絶賛。訪れた人たちは、小さな空間に表現された雄大な自然に引きつけられていた。

 盆栽の展示即売も開催している。午前10時~午後7時(14日は同3時)。問い合わせは、同店5階ギャラリー電話0466(27)1111(代表)。


シェアする