1. ホーム
  2. 話題
  3. 「平成最後」の書き初め大会 鶴見大付属中240人が決意

「平成最後」の書き初め大会 鶴見大付属中240人が決意

話題 神奈川新聞  2019年01月08日 17:00

新春恒例の「書き初め大会」
新春恒例の「書き初め大会」

 鶴見大学付属中学校(横浜市鶴見区)で8日、新春恒例の「書き初め大会」が開かれた。1・2年生約240人が参加、真剣な表情で筆を走らせた。

 生徒たちは始業式の後、体育館に集合。指導する巻島美奈子教諭の「平成最後の書き初め。伸び伸び、大きく、力強く書いてください」とのアドバイスを受けた生徒たちは、冬休み前に出された「自然の神秘」「無限の可能性」「大志を抱く」などの課題に取り組んだ。

 「新たな目標」としたためた2年生の渡部菜々さんは「冬休みに練習したのでうまく書けた。これから今年の目標を立てたい」と笑顔で話した。


シェアする