1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 【高校ラグビー】準優勝の桐蔭学園、スタイル貫く

【高校ラグビー】準優勝の桐蔭学園、スタイル貫く

スポーツ 神奈川新聞  2019年01月07日 17:00

【大阪桐蔭-桐蔭学園】前半、大阪桐蔭の前進を必死で止める桐蔭学園の選手ら=花園ラグビー場第1グラウンド
【大阪桐蔭-桐蔭学園】前半、大阪桐蔭の前進を必死で止める桐蔭学園の選手ら=花園ラグビー場第1グラウンド

 ラグビーの第98回全国高校大会最終日は7日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で決勝が行われ、ともにAシードの大阪桐蔭(大阪第1)が桐蔭学園を26-24で下し、13度目の出場で初優勝を果たした。

 大阪勢は前回の東海大仰星(現東海大大阪仰星)に続き、2大会連続優勝。桐蔭学園は東福岡と両校優勝した第90回大会以来の王座を逃した。

「継続攻撃」最後まで


【大阪桐蔭-桐蔭学園】前半、大阪桐蔭の前進を必死で止める桐蔭学園の選手ら=花園ラグビー場第1グラウンド
【大阪桐蔭-桐蔭学園】前半、大阪桐蔭の前進を必死で止める桐蔭学園の選手ら=花園ラグビー場第1グラウンド

 残り1分。起死回生のトライは生まれなかったが、桐蔭学園フィフティーンの意志は“聖地”花園のピッチで固い鎖のようにつながっていた。

 がっぷり四つの「桐蔭対決」。24-26の後半29分だった。自陣でマイボールにすると「攻撃の継続に自信があった」という主将SH小西を起点に左右に展開する。

 意地でもゴールまで運ぶ-。そう感じさせた6フェーズを数えた直後…。CTB江川が鋭いタックルを浴び、ファンブル。大阪桐蔭の重量級FW陣に一気に制圧されターンオーバー。最後は蹴り出され、残酷なノーサイドの笛を聞いた。

 「ブレークダウンで圧倒的な力の差を感じた」と藤原秀之監督(50)。相手FWが畳み掛けてくる密集で幾度もボールを奪われ、モール攻撃でトライを許す苦しい展開だった。

 それでも最後まで「継続ラグビー」を信じた。「1チャンスをものにするしかなかった」(江川)という9点を追う最終盤。小西、津田、江川と約40メートルつなぎ、最後は伊藤大祐がタックルされながらボールをつなぎ、後半28分に小西がインゴールへ飛び込んでいた。

 ノータイムから64フェーズの攻撃を重ねながらゴール前1メートルで反則し、惜敗した1年前の大阪桐蔭戦を経て「次は65フェーズ目」(藤原監督)と言い聞かせ、「途切れない攻撃を鍛え上げてきた」(副将ロック今野)伝統のスタイルは確かな力を持っていた。

 平成元年以降、東日本勢で最多となる6度目の決勝に挑戦しながら、今回は2点差で届かなかった単独優勝のタイトル。小西は「毎回上位校といわれながら、単独優勝を果たせていない」と願いを託す。悲願へ向けて、ブルージャージーの歩みが止まることはない。

チームの精神的支柱
主将・小西


 無情のノーサイドの笛が鳴り響く。最後までボールを継続する桐蔭らしさは貫いたが、悲願の単独優勝には届かなかった。SHの主将小西は「監督の指示というより、自分たちの攻撃に自信があったので、ボールを継続しようと試合前から決めていた」と気丈に振り返った。


【大阪桐蔭-桐蔭学園】後半28分、桐蔭学園・小西がトライを決め追い上げる
【大阪桐蔭-桐蔭学園】後半28分、桐蔭学園・小西がトライを決め追い上げる

 前半は効果的なパスを左右に散らして攻撃のリズムを生んだ。だが後半は一転、強力フォワード陣を擁する相手に押し込まれ、ラックやモールの密集で「できるだけ早くボールをさばこうと思っていたけど、それ以上にプレッシャーがすごかった」と守勢に回った。

 1年から全国の舞台を踏み、昨年10月にはユース五輪日本代表メンバーの一員として初の銅メダルを獲得。突破力にも秀でるスケールの大きい教え子に藤原監督は「パスのスキルが伸びないとスクラムハーフとして世界で戦えない。日本代表選手になってほしいので」と基本の大切さを説き続けてきたという。

 チームの精神的支柱でも在り続けた。ミーティングでも学年を超えた活発な議論は途切れず、選手個々が考え、行動する強さが培われた。そうした成熟した集団に成長できたからこそ、監督だけに頼らない冒頭のような言葉につながる。

 後輩に向けた言葉を報道陣から求められ「ちょっとまだ思い付きません」と唇をかんだ小西。「単独優勝を目指してほしいというのはあるけれど、自分たちの代でその景色を後輩たちと見たかった」

悲願達成次世代に 成長示した9トライ
WTB佐々木



 トライゲッターの証しである11番を背負い、大阪桐蔭の屈強な壁に飛び込む-。

 前回大会でも苦杯を喫した相手にファイナルで惜敗し、桐蔭学園のWTB佐々木は「また勝ち切れなかった。悔しい。今はその言葉しか出てこない」と、こみ上げる思いを絞り出しては泣きじゃくった。


【大阪桐蔭-桐蔭学園】前半28分、桐蔭学園・佐々木が逆転のトライを決める=花園ラグビー場第1グラウンド
【大阪桐蔭-桐蔭学園】前半28分、桐蔭学園・佐々木が逆転のトライを決める=花園ラグビー場第1グラウンド

 持ち前のスピードに馬力も加わった脚力は、波状攻撃を加速させた。12-12の前半28分、自陣左サイドでパスを受けるとギアを上げて見せ場をつくった。

 相手ディフェンスをまず1人追い越し、立ちはだかる2人の間隙(かんげき)を鋭いステップですり抜ける。さらに屈強なタックラー2人に捕まっても、鍛え抜いた下半身で地をはって前進を続けた。約20メートルのゲインでチャンスメークし、中央のラックから再び左サイドを駆ける。「自分が点を取り切って勝つ」とインゴールに飛び込み、一時は勝ち越した。

 「トライを取れても最後に勝てなきゃ意味がない。もっと外に自分がボールを呼び込んでいれば…」。責任を背負い込んだが、力強いランニングで重ねたチームトップ9トライは走り込みのたまものであり、準優勝の立役者だ。

 慶大に進学して競技を続ける快足ウイングは「こういう経験をできる人はそういない。絶対に無駄にはしない」と涙を拭った。 

前主将原田がエール


 前回大会の桐蔭学園を束ねた前主将、原田(慶大)がスタンドで観戦。宿敵・大阪桐蔭との再戦に「今の3年生は力強い世代。やり返してくれる」と期待を込めて声援を送ったが、念願はかなわなかった。

 昨年度は準決勝で同じ相手に7-12で惜敗。悔しさを胸に卒業後は慶大で汗を流し、昨年11月に関東大学対抗戦でデビューを飾った。後輩たちに「花園の経験は他では味わえない。卒業後にその大きさを感じる」とエールを送った。


【大阪桐蔭-桐蔭学園】前半25分、桐蔭学園・鈴木が10点目のトライを決める
【大阪桐蔭-桐蔭学園】前半25分、桐蔭学園・鈴木が10点目のトライを決める

執念を見せるも涙


 桐蔭学園唯一の100キロフォワード、プロップ鈴木が執念のトライ。5-12の前半25分、SH小西からパスを受けるとインゴールへ押し込んだ。ただ「トライ以外何もできなかった」と目は真っ赤。平均体重で5キロ上回る相手にスクラムで圧倒された。

 準決勝・東福岡戦で先制トライを奪うなどもり立ててきた。卒業後は西山やSO津田とともに関東大学リーグの中大に進む背番号3は、次のステージでも突破口を開くつもりでいる。

きょう帰浜


 桐蔭学園フィフティーンは8日、午前9時10分新大阪駅発の新幹線のぞみ218号で帰浜する。午前11時25分に新横浜駅着予定。準優勝の報告会は同日、午後1時から桐蔭学園高内で行われる。

◆日本一は難しかった
 桐蔭学園・藤原秀之監督の話 ここまでしんどいゲームを良く戦ってきたが、日本一は難しかった。四つでは足りないということは分かっていた。5トライを奪って勝機をつかみたかった。

◆相手圧力すごかった
 桐蔭学園・小西泰聖主将の話 自分たちがボールを持っている時間にうまく攻められなかった。相手の圧力がすごかった。大阪の地で大阪のチームに勝って優勝するのは難しいことだと感じた。

SO津田涙「弱さ出た」


 精密なキックでチームを支えてきた桐蔭学園のSO津田だが、決勝はゴールキックで失敗する場面も見られ、試合後は「自分の弱さが出た」と悔し涙を流した。


表彰式でうつむく津田=花園ラグビー場第1グラウンド
表彰式でうつむく津田=花園ラグビー場第1グラウンド

 0-12の前半22分。プロップ床田のトライ後のゴールキックを「蹴るときに、後ろに大阪桐蔭のサポーターがいっぱいいて、その声がちょっと耳に入った。集中力が戻らなかった」と地元大阪の声援に圧倒された。

 結果的に2点差で屈したため「その入らなかった点数が最後に響いてしまって…。ただただ悔しい」と言葉を絞り出した3年生。それでも、決勝まで37本(PG含め)中31本を成功させた技術の高さは色あせない。

◎全国高校ラグビー最近10大会の決勝成績
第89回 東福岡 31-5 桐蔭学園
第90回 東福岡 31-31 桐蔭学園
第91回 東福岡 36-24 東海大仰星
第92回 常翔学園 17-14 御所実
第93回 東海大仰星 19-14 桐蔭学園
第94回 東福岡 57-5 御所実
第95回 東海大仰星 37-31 桐蔭学園
第96回 東福岡 28-21 東海大仰星
第97回 東海大仰星 27-20 大阪桐蔭
第98回 大阪桐蔭 26-24 桐蔭学園
(注)90回大会は両校優勝。東海大仰星は現東海大大阪仰星


シェアする