1. ホーム
  2. 話題
  3. 僕たちの矢、全部的中! 相模原の田名八幡宮で「的祭」

天下太平、いさかいなし、豊年満作
僕たちの矢、全部的中! 相模原の田名八幡宮で「的祭」

話題 神奈川新聞  2019年01月06日 17:00

的に矢を放って一年の豊凶を占った的祭 =相模原市中央区水郷田名の田名八幡宮
的に矢を放って一年の豊凶を占った的祭 =相模原市中央区水郷田名の田名八幡宮

 男児が矢を放ち、的に命中した数で一年の豊凶を占う神事「的祭(まとまち)」が6日、相模原市中央区水郷田名の田名八幡宮で行われた。4人が射た12本全ての矢が命中する最高の結果となり、「今年は天下太平で、いさかいのない年。作柄は豊年満作」と占った。

 的祭は市の無形民俗文化財に指定されている。この日、射手を務めたのは、地元に住む4組の氏子の父親と男児。「天下太平」「領地の安全」「地域住民の幸福」を祈る意味が込められた3本の矢がそれぞれ用意された。

 境内に置かれた直径約1・8メートルの的に向かい、男児たちは父親に弓を支えてもらいながら真剣な表情で矢を放ち、矢が的の真ん中を射抜くと観客からさかんに拍手が送られた。

 2014年に11本が命中したことはあるが、近年は8~10本ほどが多かったという。矢を射た河村悠斗君(6)は「当たって良かった」と笑顔。氏子総代長の斉藤武さん(76)は「すべて当たるのは本当に珍しい。今年はいい年になる」と話していた。 


シェアする