1. ホーム
  2. ベイスターズ
  3. 2番宮崎で打線に厚み 今季ベイ、オーダー構想

得点増へ超攻撃型
2番宮崎で打線に厚み 今季ベイ、オーダー構想

ベイスターズ 神奈川新聞  2019年01月05日 08:19

チーム屈指の安定感を誇る宮崎のバットが得点源となる
チーム屈指の安定感を誇る宮崎のバットが得点源となる

 破壊力抜群の超攻撃型打線で2019年シーズンを制する-。ベイスターズのラミレス監督は、今季のオーダー構想について「筒香は4番で行く」と早くも宣言。主砲を挟む3番には昨季本塁打王ソト、5番には元打点王ロペスの起用が濃厚で、昨季固定できなかった2番にキーマン宮崎を置くことで打線に厚みを持たせる青写真を描く。一方、先発投手陣でローテーション入りが確実視されているのは新人王・東のみ。横一線の競争となりそうだ。

 今オフ、報道陣から今季の打順を問われたラミレス監督は現時点の力量を踏まえてこう明言している。

 「筒香は開幕から4番で迎える。ロペスは基本的に5番。宮崎は2番だね。1、2番タイプは桑原、神里、梶谷の3人がいる」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする