1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 5カ国語で防災メール配信 平塚市

5カ国語で防災メール配信 平塚市

政治行政 神奈川新聞  2019年01月05日 01:59

平塚市役所
平塚市役所

 平塚市が市民向けに防災情報を提供している「ほっとメールひらつか」について、市は昨年12月25日から5カ国6言語に翻訳したメールの配信をスタートした。

 ほっとメールは事前に登録した携帯電話などのメールアドレスに気象警報・注意報や土砂災害警戒情報、津波情報などを送信している。2009年から始まり現在は1万1千件の登録となっている。

 災害時に情報収集が難しい外国人市民に早期避難などを呼び掛ける狙いで、自動翻訳したメッセージを送信する。パソコンなどのメールアドレスでは英語、中国語(繁体、簡体)、韓国語、ポルトガル語とスペイン語に対応。携帯電話用のアドレスでは英語のみの配信となる。アドレスの登録は同市ホームページ(HP)のトップページの「災害情報配信メールの登録」から行うことができる。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング