1. ホーム
  2. 話題
  3. 「どうぶつ七福神」はいかが 油壺マリンパークで開運招福

「どうぶつ七福神」はいかが 油壺マリンパークで開運招福

話題 神奈川新聞  2018年12月31日 17:00

「毘沙門天」に見立てられている、ノコギリエイ(京急油壺マリンパーク提供)
「毘沙門天」に見立てられている、ノコギリエイ(京急油壺マリンパーク提供)

 海洋生物などの生体や標本を七福神に見立てた開運イベントが元日から、京急油壺マリンパーク(三浦市三崎町小網代)で開かれている。来館者は自由に開運招福を祈願できる。

 「どうぶつ七福神めぐり」では、腹を床につけて滑らず足で移動することから「すべらないアシカ」として人気のマリンを弁財天、頭部に長く鋭いノコギリ状の突起を持つノコギリエイを毘沙門天など七福神になぞらえ、飼育する生物や所蔵する標本を“開帳”する。来館者は専用のマップを見ながら館内を巡り、それぞれに見たり触れたりして祈願する。

 また今年の干支(えと)のイノシシにちなみ、「ウリボウ」と呼ばれるイサキの幼魚を特別展示している。

 七福神めぐりは31日まで。15~18日は休館。入館料などの問い合わせは、同パーク電話046(880)0152。


シェアする