1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 〈第95回箱根駅伝〉神奈川大、戦力底上げで「挑戦」

〈第95回箱根駅伝〉神奈川大、戦力底上げで「挑戦」

スポーツ 神奈川新聞  2018年12月31日 02:30


若さあふれる布陣でシード権獲得を目指す神奈川大のメンバー =横浜市神奈川区の神奈川大
若さあふれる布陣でシード権獲得を目指す神奈川大のメンバー =横浜市神奈川区の神奈川大

 優勝候補の一角に挙がった前回はまさかの総合13位。大エース鈴木健吾(富士通)ら有力選手が多く卒業し、今季は大後栄治監督(54)が「育成元年」と位置付けて、1年をかけて戦力の底上げを図ってきた。

 「本当に戦えるのか不安だったが、予選会に向けて少しずつ足並みをそろえられた」と大後監督。10月の予選会では、ハーフマラソンの未経験者もいる中で総合3位に入った。堅実な走りと結束力でチームは一つになりつつある。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする