1. ホーム
  2. 社会
  3. 氏名、収入など個人情報記載書類紛失 川崎市住宅供給公社

氏名、収入など個人情報記載書類紛失 川崎市住宅供給公社

社会 神奈川新聞  2018年12月29日 17:00

川崎市役所
川崎市役所

 川崎市は29日、市住宅供給公社の職員が市営住宅の入居者の個人情報が記載された書類を紛失した、と発表した。10世帯28人と連帯保証人12人などの氏名、電話番号、収入などが記載されていた。

 市市営住宅管理課によると、28日午後、同市幸区で現況確認のため入居者の巡回を終えた公社職員が、書類を挟んだバインダーを車の屋根に置いたまま発車。公社に戻ってから紛失に気付き、帰路をたどって付近を探したが見つからなかったという。

 同課と同公社は29日、入居者らに連絡し、謝罪した。同課は公社に厳重注意を行い、「再発防止を徹底したい」としている。


シェアする