1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 初世界戦に気合 井上拓真、30日にWBC暫定王座戦

初世界戦に気合 井上拓真、30日にWBC暫定王座戦

スポーツ 神奈川新聞  2018年12月29日 03:02

世界戦に挑む日本人3選手。(右から)井上拓、伊藤、拳四朗 =東京都内
世界戦に挑む日本人3選手。(右から)井上拓、伊藤、拳四朗 =東京都内

世界戦に挑む日本人3選手。(右から)井上拓、伊藤、拳四朗 =東京都内
世界戦に挑む日本人3選手。(右から)井上拓、伊藤、拳四朗 =東京都内

 ボクシングのトリプル世界戦(30日・大田区総合体育館)の記者会見が28日、東京都内で行われ、世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級暫定王座決定戦に臨む23歳の井上拓真(大橋)は、「(世界3階級制覇の兄)尚弥だけでなく弟の拓真もいるというのをしっかり見せたい」と初の世界戦へ気合十分だった。

兄弟で世界王者 実現へ


 待ちに待った瞬間が迫る。28日の記者会見で井上拓は「試合に向けてしっかりやってきたので、気持ちはいつもと変わらない」と淡々と話しながらも

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする