1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 桐光学園・西川潤 全国「むちゃくちゃ楽しみ」

アジア選手権MVP自信に
桐光学園・西川潤 全国「むちゃくちゃ楽しみ」

スポーツ 神奈川新聞  2018年12月24日 17:00

全国選手権への意気込みを語る西川 =桐光学園高
全国選手権への意気込みを語る西川 =桐光学園高

 次世代の日本代表を担う期待のストライカーが初の大舞台に挑む。30日に開幕する第97回全国高校サッカー選手権で、大会注目選手の一人に挙げられるのが、2年ぶり11度目の出場となる桐光学園の2年生エース西川潤。ブラジル遠征中のU-19(19歳以下)日本代表に飛び級で初招集され、すでにJリーグの複数クラブが争奪戦を展開している16歳は「得点、アシストを量産したい」と主役の座を独り占めにするつもりだ。

 今秋にマレーシアで行われたU-16アジア選手権。6大会ぶりの優勝を懸けたタジキスタンとの大一番で、ひときわ輝きを放ったのがFW西川だった。

 0-0で迎えた後半18分に味方の左クロスに中央で合わせ、先制のボレーシュート。値千金の一撃で日本を2006年大会以来3度目の栄冠に導き、大会最優秀選手賞を獲得した。来秋のU-17ワールドカップ出場権が懸かった準々決勝のオマーン戦では唐山(G大阪ユース)の決勝点をアシストするなど、大会を通して存在感を見せたアタッカーは「MVPを取って日本に帰るのが目標だったので、自信になった」と笑顔を見せた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする