1. ホーム
  2. 経済
  3. SDGs実現へ連携 私募債の一部寄付、県と横浜銀

SDGs実現へ連携 私募債の一部寄付、県と横浜銀

経済 神奈川新聞  2018年12月20日 10:02

協定書にサインした黒岩祐治知事(右)と横浜銀行の大矢恭好頭取=19日午後、県庁
協定書にサインした黒岩祐治知事(右)と横浜銀行の大矢恭好頭取=19日午後、県庁

 神奈川県と横浜銀行(横浜市西区)は19日、国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に向け連携協定を締結した。地域経済の持続的な発展に向け、中小企業やシニア、子どもたち向けにセミナーを開催し啓発活動を始める。横浜銀行は同日から私募債の取り扱いを始め、趣旨に合致した県内の5団体に発行金額の一部を寄付する。

 県は、全国の自治体の中で「SDGs達成に向け優れた取り組みを行う29の自治体」に選ばれ、特に先導的な10の取り組みを行う「自治体SDGsモデル事業」にも選定されている。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする