1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 理想追い求め再生へ 【検証】横浜マリノス 

理想追い求め再生へ 【検証】横浜マリノス 

スポーツ 神奈川新聞  2018年12月17日 02:34

自陣ゴール前の守備に加え、攻撃の組み立てにも加わるようになった横浜M・飯倉=11月10日の長崎戦
自陣ゴール前の守備に加え、攻撃の組み立てにも加わるようになった横浜M・飯倉=11月10日の長崎戦

 ともに勝ち点41。横浜Mと湘南はハイレベルなJ1残留争いに巻き込まれた末、辛くも降格を免れた。シーズン総括の1回目はマリノス。超攻撃的GKとして注目された飯倉大樹(32)の思いを通し、クラブ再生へもがいた1年を振り返る。

 「あと1試合でよかった。これがシーズン中盤だったら確実に(J2へ)落ちていた」

 今季最終節を控えた11月下旬、飯倉の言葉に安堵(あんど)と失望が交じった。残留争いから抜け出せず、終わってみればJ2とのプレーオフに進む16位と勝ち点差なし。かつて「名門」と呼ばれたクラブにはふさわしくない低迷だった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする