1. ホーム
  2. 選挙
  3. 佐藤氏の公認、維新取り消し

横須賀市議補選
佐藤氏の公認、維新取り消し

選挙 神奈川新聞  2017年06月22日 14:06

 日本維新の会は21日、横須賀市議補選(25日投開票、定数2)に同党公認で立候補していた佐藤茂幸氏(51)の公認を取り消し、除名処分にした、と発表した。同氏の選挙ポスターには同党法律顧問の橋下徹氏が応援していると記載されていたが、橋下氏が「応援していない」などと抗議していた。

 同党などによると、選挙ポスターには「橋下徹が全力応援!!」の文字が橋下氏の写真と共に記載。しかし橋下氏は21日、ツイッターで「僕は応援していません。完全な無断使用であり、刑事告訴の手続きを取ります」などと警告し、同党の松井一郎代表も「大変申し訳ありません。直ちにしかるべき対応をいたします」と投稿していた。

 選管によると、佐藤氏の今後の党派については、本人からの届け出を待つか、届け出がない場合は職権で空欄にするという。同市議補選には同氏のほか、いずれも無所属の新人の田中洋次郎氏(40)、加藤裕介氏(29)、中山昭宏氏(59)が立候補している。


シェアする