1. ホーム
  2. 経済
  3. 最終年度目標、売上高80億円

日東化工、中計策定
最終年度目標、売上高80億円

経済 神奈川新聞  2017年06月22日 13:53

 工業用ゴムや樹脂製品の製造、販売を手掛ける日東化工(寒川町)は、2017年度から3カ年の中期経営計画を策定した。ゴム事業で高付加価値製品への転換、樹脂事業で顧客の要望に沿ったカスタム商品の強化などを掲げ、最終の19年度には売上高80億円、営業利益4億円の達成を掲げた。

 設備の保守や生産性向上に向け、3年間で計約16億円(ゴム事業で13億円、樹脂事業で3億円)の設備投資を行う。同社は「ものづくり力の強化や、高付加価値製品の拡大を通し、成長を加速させる」とした。

 同社の17年3月期決算は、原材料価格の下落に伴う販売価格の低迷で、売上高は前期比13・8%減の79億4900万円。一方、固定費の削減などで営業利益は93・8%増の3億1500万円、一部の樹脂製品製造設備の譲渡による固定資産売却益などの計上で純損益は3億3千万円の黒字(前期は1億2千万円の赤字)に転換した。


シェアする