1. ホーム
  2. 話題
  3. リニアは今(1)~沿線4紙連携・中間駅~ 【岐阜】新たな「東の玄関口」

リニアは今(1)~沿線4紙連携・中間駅~ 【岐阜】新たな「東の玄関口」

話題 神奈川新聞  2017年06月20日 12:58

JR中津川駅前を発車する路線バスに乗って馬籠宿を訪れる観光客ら=岐阜県中津川市馬籠の馬籠宿
JR中津川駅前を発車する路線バスに乗って馬籠宿を訪れる観光客ら=岐阜県中津川市馬籠の馬籠宿

 リニア中央新幹線岐阜県駅ができる中津川市は、岐阜県の東端、長野県境の山間部に位置する。東海道新幹線、名神高速道路といった日本の大動脈が南部地域に集中する岐阜県で、新しくできる「東の玄関口」。新基点から開業効果を県内に広く波及させ、最大化するため自治体、経済界が中心となり議論を進めている。


 「引き合いは出ている。半世紀ぶりのバブルが来る」

 50年前の中央自動車道の長大トンネル恵那山トンネルの着工を記憶する市内の建設業者は、リニア工事に伴う好況再来を予測し興奮気味に話す。工事需要の伸びを見込み、機材と人員を2割増やした。

 東京・丸の内に本社を置く三菱電機の中津川製作所も開業を待ち望む。本社を含む関東方面への出張は月に約200人。現在は在来線、

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする