1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 光明相模原、悲願の初V 県高校総体ソフトボール女子

光明相模原、悲願の初V 県高校総体ソフトボール女子

スポーツ 神奈川新聞  2017年06月18日 02:00

初優勝を果たして胴上げされる光明相模原の主将宮川=小田原市の酒匂川スポーツ広場
初優勝を果たして胴上げされる光明相模原の主将宮川=小田原市の酒匂川スポーツ広場

 第55回県高校総体兼全国高校総体(インターハイ)県予選会(県高体連など主催、神奈川新聞社など後援)は17日、ソフトボール、柔道などで熱戦を繰り広げた。

 ソフトボール女子は光明相模原が6連覇中の厚木商を6-3で下し、初優勝を飾った。光明は佐藤真香(2年)の6得点中4点に絡む活躍のほか、兒玉彩花(2年)がソロアーチを放つなど、強豪に打ち勝った。

 柔道団体戦は、男子は桐蔭学園が11年ぶり6度目の優勝を飾り、女子は桐蔭学園が6連覇した。

積極攻勢、女王に土


 悲願の初優勝だ。ソフトボール女子は光明相模原が6-3の快勝で厚木商の連覇を6で止めた。

 鮮やかな先制パンチだった。先頭兒玉が右前打で出ると、すかさず二盗。山本の犠打で1死三塁とし、岡野の中前打で先制する。さらに2死一、三塁から一走をきっちり二盗で進め、佐藤の左前打で2点を加えた。

 佐藤は三回にもスクイズ気味のエンドランを成功させ、五回には中犠飛。全打席で三走をかえした2年生は「これまで自分が迷惑を掛けていたので、3年生に恩返ししたかった」と涙ぐんだ。

 今春から指揮を執る利根川勇監督(70)にとっては古巣との対戦だった。自ら常勝に育て、全国総体で5度優勝に導いた「母校」に、光明は一度も勝ったことがなかった。名将は選手にこう指示していたという。「まだ天と地の差がある。失うものはない。挑戦者になりきれ」

 だから攻めのタクトを振った。重盗を含め5盗塁。そのうち四つを得点に絡めた。果敢に守備シフトを動かし、安打の芽を摘んだ。主将宮川は「今日は監督の意図を選手が感じ取ることができた」。積極性を旗印に、ベンチと選手が一体となった先に、名門相手の初勝利があった。

 「まだ神奈川の絶対王者は厚商。それを覆していくため、全国で結果を出したい」と宮川。歴史は一歩ずつ、塗り替えていく。

投打振るわず完敗


 7連覇を狙った厚木商は投打ともに振るわず完敗。同校を育てた利根川監督との「師弟対決」だったが、宗方監督は「監督どうこうではなくいつも通り相手を倒すだけと思っていた。これが実力。大事なところで守れなかった」と振り返った。

 主将の川端は「練習でやってきたことが出せなかった。新チームは基本的なことをもう一度徹底して、強いチームになってほしい」と話した。


シェアする