1. ホーム
  2. 話題
  3. 県戦没者慰霊堂、苑地の傾斜改善へ 参列者の転倒相次ぎ

県戦没者慰霊堂、苑地の傾斜改善へ 参列者の転倒相次ぎ

話題 神奈川新聞  2017年06月17日 12:18

横浜市港南区の県戦没者慰霊堂(神奈川県提供)
横浜市港南区の県戦没者慰霊堂(神奈川県提供)

 戦没者遺族の高齢化が進んでいる現状を踏まえ、黒岩祐治知事は16日、県戦没者慰霊堂(横浜市港南区)の安全対策を検討していく考えを明らかにした。5月の追悼式で参列者が転倒するケースが相次いだことを受け、苑地の傾斜を改善したい意向を示した。

 県によると、慰霊堂は1953年に建設され、戦没者や戦災死者約5万8千人の名簿が納められている。苑地は本堂を仰ぎ見るよう9%の傾斜角をつけて整備され、門から本堂まで(約40メートル)の高低差は4メートル。毎年5月10日に県主催の追悼式が行われており、今年の式典では遺族を代表して献花した高齢の女性ら2人が傾斜でバランスを崩すなどして転倒したという。

 知事は「戦火に倒れた肉親に祈りをささげたい参列者の強い思いに応えるため、二度と事故が起きないよう安全対策を講じていきたい」と強調。傾斜の撤去に意欲を示しながらも景観への影響や工事費などが課題とし、「遺族や関係者の意見を聞きながら検討を進めていきたい」と述べた。

 同日の県議会本会議で、自民党の長田進治氏の代表質問に答えた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 0歳が頭部骨折 車衝突に巻き込まれ母子が重軽傷 相模原

  2. 動画 【台風19号】川崎の大規模浸水、2つの原因浮上

  3. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  4. 【台風19号】インフラ寸断、温泉打撃… 箱根に災禍再び

  5. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  6. 宮ケ瀬ダム放流開始 国交省、台風20号接近に備え

  7. 高校野球秋季関東大会 県勢2校、21日準々決勝 東海は習志野、桐光は桐生第一

  8. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  9. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ

  10. 【台風19号】城山ダム緊急放流、二転三転 下流域は混乱