1. ホーム
  2. 選挙
  3. 横浜カジノ誘致に反対訴え 市民団体が集い

横浜カジノ誘致に反対訴え 市民団体が集い

選挙 神奈川新聞  2017年06月17日 02:00

 7月30日投開票の横浜市長選で、市民団体「市民の市長をつくる会」は16日、同市中区で「市政を語る市民の集い」を開催し、カジノ反対や中学校給食の実施などの基本政策をまとめた。候補者擁立は未定としたが、関係者によると、民進党に推薦依頼を出した同党市議の伊藤大貴氏(39)が出馬した場合に支援するとみられる。

 集いでは、主催者として後藤仁敏・鶴見大学名誉教授が、世論調査でカジノ反対の意見が多数を占める実態を踏まえ、「真のギャンブル依存症対策はカジノを誘致しないことだ」などと訴えた。民進党所属の国会議員のビデオメッセージも流された。

 同会は前回2013年の市長選で独自候補を擁立し、共産党が推薦した。

 今回の市長選には、現職の林文子氏(71)と元衆院議員の長島一由氏(50)が出馬を表明している。


シェアする