1. ホーム
  2. 社会
  3. 発達障害児を支援 川崎で家族向け連続講座

発達障害児を支援 川崎で家族向け連続講座

社会 神奈川新聞  2016年09月15日 02:00

 発達障害のある子を持つ家族向けの連続講座「発達障がい応援キャラバン」が今月から来年2月にかけ、川崎市内を巡回して開かれる。障害ゆえに育児に悩む場面も多い家族に役立ててもらおうと、市発達相談支援センターと保護者会りあんが企画した。参加無料。

 知的障害を伴わない発達障害の子を持つ家族を対象に想定し講座を用意。定員を上回る応募があった昨年に続き2回目で会場規模を広げて開く。

 全7回の講座は各回ごとに申し込みを受け付ける。自閉症や学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)の知識や市内の支援対体制の現状などを療育センター職員ら専門家が解説する。

 思春期をテーマに発達障害のある20歳前後の青年もゲストに呼び、自らの経験談を披露してもらう回も。不適切な対応で精神障害を併発する二次障害をテーマにした講座もある。

 市内の発達障害児者は推計で9万5千人(18歳未満は1万4900人)。保護者会りあん代表の関伊都子さん(53)=高津区=は「受講することで子育てに悩み疲れている親が子どもを支えるヒントを見つけるきっかけになれば」と話している。問い合わせは同支援センター電話044(223)3304。スケジュールは次の通り(いずれも午前10時開始)。

 ▽9月29日 ADHDについて(川崎区)▽10月6日=思春期について(中原区)▽11月24日 自閉症スペクトラムについて(高津区)▽12月1日 二次障害について(麻生区)▽来年1月26日 保護者に向けて(高津区)▽2月2日 学習障害について(麻生区)▽市発達相談支援センターについて(中原区)


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕