1. ホーム
  2. 社会
  3. カラオケ店シダックス、賃料減額求めさいか屋提訴/横浜地裁川崎支部

カラオケ店シダックス、賃料減額求めさいか屋提訴/横浜地裁川崎支部

社会 神奈川新聞  2010年11月27日 00:13

経営再建中の百貨店さいか屋(川崎市川崎区)が横須賀市の横須賀店南館で行っているテナント賃貸借をめぐり、カラオケ店を運営するシダックス・コミュニティー(東京都)は26日までに、賃料引き下げを求める訴えを横浜地裁川崎支部に起こした。

提訴は10日付。さいか屋の発表資料によると、カラオケ店は昨年8月に南館で営業開始したが、さいか屋は事業再生計画に基づき、今年5月、大通り館を閉館。現在も南館と新館は営業しているが、シダックス側は「大通り館閉館で付近の集客効果が低下し、赤字経営を余儀なくされた。近隣建物の賃料と比べて高い」として減額を求めているという。

シダックス側は具体的な引き下げ額を公表していない。さいか屋は「賃料減額の理由はなく、裁判で主張を尽くす。訴訟による業績影響はないと認識している」としている。

【】


シェアする