1. ホーム
  2. 経済
  3. 「ジャケパン」提案強化へ AOKIがブランド刷新

「ジャケパン」提案強化へ AOKIがブランド刷新

経済 神奈川新聞  2017年06月15日 02:00

カフェソーホーのスタイリング一例
カフェソーホーのスタイリング一例

 紳士服大手のAOKI(横浜市都筑区)は、オリジナルカジュアルブランド「CAFE SOHO(カフェソーホー)」を刷新した。大幅なリニューアルは、1995年の展開以来初めて。

 働き方改革や長時間労働を解消する動きが広まっていることを受け、オンもオフも「きちんとカッコよく」着用したいニーズを満たす。これまで30~60代としてきたターゲット層は、メーンを30~40代に絞り、「ジャケパン」スタイルの提案を強化する。クールビズ需要との相乗効果も狙う。

 新たなカフェソーホーのコンセプトは「スタンダード・スマート・クロージング」。「ウォッシャブルジャケット(2万3千円)」は見た目のきちんと感は保ちながら、より自然な肩線を実現。「ハイスペッククールパンツ(7990円)」は通常のウール素材と比較して約2倍以上の通気性がある。AOKI全店舗で販売している。

 同社は「アオキ=スーツではなく、このカフェソーホーの展開でアオキ=ビジネスカジュアルというイメージもプラスしたい」と話した。


シェアする