1. ホーム
  2. 社会
  3. 領収書偽造しタクシー代を不正受給、容疑の無職女を逮捕/横浜

領収書偽造しタクシー代を不正受給、容疑の無職女を逮捕/横浜

社会 神奈川新聞  2010年11月04日 22:52

生活保護制度を悪用し、領収書を偽造して通院タクシー代を不正受給したとして、戸塚署は4日、詐欺の疑いで横浜市保土ケ谷区に住む無職の女の容疑者(37)=公務執行妨害、傷害罪で起訴=を再逮捕した。

逮捕容疑は、7月26日から8月16日にかけて、偽造したタクシーの領収書を戸塚区役所に郵送し、現金約20万円をだまし取った、としている。

調べに対し、容疑を認めているという。

同署によると、同容疑者は以前から横浜市中、戸塚、西区の3カ所の病院に通院し、1回1千円~2千円ほどの通院タクシー代を受給申請していた。しかし、7月末から急に申請額が1回あたり7千円~9千円になり、領収書の紙質が変わったため不審に思った戸塚区役所保護課の職員が同署に相談。タクシー会社に確認するなどしたところ、12社、29回分の領収書が偽造されていることが判明した。

同容疑者は10月12日、同課窓口で催涙スプレーを噴射し公務執行妨害容疑で現行犯逮捕されていた。

【】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング