1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 芸術100点、城飾る 4会場 地元作家の絵や彫刻

芸術100点、城飾る 4会場 地元作家の絵や彫刻

カルチャー 神奈川新聞  2017年06月12日 10:14

親子の馬が登城ルートの馬出門で迎える「小田原城アートNOW2017」
親子の馬が登城ルートの馬出門で迎える「小田原城アートNOW2017」

 芸術文化でまちを活性化しようと、「小田原城アートNOW2017」が、小田原市城内の天守閣など4会場で開催され、地元を代表する作家ら42人の約100点が展示されている。

 天守閣4階ギャラリーのほか、小田原城の城(じょう)址(し)公園の登城ルートを使った野外展示、隣接の清閑亭、小田原駅前のおだわら市民交流センターUMECOの4会場。小田原ゆかりの芸術家たちでつくる小田原文化芸術協会(杉崎宗雲会長)の主催で9回目。

 登城ルートには日本画家の小玉文夫さんが仲間3人と共同で制作したパステルカラーの親子の馬や、箱根町在住で国際的に活動する彫刻家・大隅秀雄さんの風でゆったりと動く羽の付いた立体オブジェなどが展示され目を引く。他の3会場には、日本画や洋画、点描画、木彫や写真、書、陶芸などが並び、中でも天守閣は同協会が審査の上推薦した22人の作品が展示された。

 昨年の来場者は3万人。展示は清閑亭が18日まで、天守閣と城址公園が29日まで、UMECOは30日まで。天守閣へは入場料(大人500円)が必要となる。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕