1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 菅氏「たまたま総理の友人」 独自インタビュー

加計学園問題
菅氏「たまたま総理の友人」 独自インタビュー

政治行政 神奈川新聞  2017年06月11日 02:00

神奈川新聞社のインタビューに答える菅官房長官=都内
神奈川新聞社のインタビューに答える菅官房長官=都内

 学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を巡る問題で、菅義偉官房長官(衆院2区)は10日、「たまたま(同学園の理事長が)総理の友人だったが、元々地域から(申請が)出されていた」と述べ、改めて問題ないとの認識を示した。神奈川新聞社の取材に答えた。

 菅氏は、今治市(愛媛県)などが2007年から加計学園を前提に提案していた新設計画が、民主党政権時に「速やかに検討」に格上げされながら実現されなかった経緯を説明し、「私たちの政権で、きちっと行うことができた」と成果を強調。農業改革などの取り組みも例に挙げ「現実問題として、そういうものに風穴を開けていくのが私たち。まさに岩盤規制をぶち破る政権だ」と述べた。


神奈川新聞社のインタビューに答える菅官房長官=都内
神奈川新聞社のインタビューに答える菅官房長官=都内

カジノ争点化を批判


 菅義偉官房長官(衆院2区)は10日、神奈川新聞社のインタビューに応じ、

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする