1. ホーム
  2. 社会
  3. 殺害事件は11月に審理、死刑求刑も予想/横浜地裁・裁判員裁判

殺害事件は11月に審理、死刑求刑も予想/横浜地裁・裁判員裁判

社会 神奈川新聞  2010年10月13日 00:07

県内で初めて二つの裁判員裁判が開かれる池田被告について、12日から計3日間の裁判員公判が始まった。男性2人を殺害し、切断した遺体を横浜市金沢区の東京湾など2カ所に遺棄した事件の審理は11月に予定され、すべての事件を考慮して刑の重さが決まる。

池田被告が問われた強盗殺人罪について、法定刑の原則は死刑と無期懲役のみ。検察側求刑の従来傾向や、死刑選択で考慮すべき要素を示した「永山基準」に照らすと死刑求刑も予想される一方、弁護人は「(2人殺害事件について)被告には自首が成立する。刑を減軽するよう訴えたい」としている。

密輸、公務執行妨害の計3事件は、地裁が14日に有罪か無罪かを決める「部分判決」を言い渡す。29日に2人殺害事件を審理する裁判員が選ばれ、11月1日から計6日間で審理、同月16日に判決宣告予定。裁判員は公判、評議などで最大11日間の参加が求められる。

【】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕