1. ホーム
  2. 社会
  3. 芸術の秋は「しんゆり」へ、新百合ケ丘駅周辺で映画や食などイベント多彩に/川崎

芸術の秋は「しんゆり」へ、新百合ケ丘駅周辺で映画や食などイベント多彩に/川崎

社会 神奈川新聞  2010年10月04日 21:18

小田急線新百合ケ丘駅周辺(川崎市麻生区)で9日からさまざまなイベントが開催される。映画や音楽、「食」も充実。芸術の秋は、ぜひ「しんゆり」に足を運んでみては―。

例年、単独で開催していた「しんゆり・オリーブまつり」、「KAWASAKIしんゆり映画祭」、「あさお区民まつり」、昭和音楽大学の学園祭「昭和祭」の計四つのイベントを今年は開催日を調整するなど連携。同駅周辺の店舗で使えるクーポン券を共同で発行している。

目玉はオリーブまつり。9日から始まり、10日と30日にアート市を開き、プロ・アマを問わず地域住民らがガラス工芸などの作品をフリーマーケットで展示販売する。30日には、ホームページ(HP)上でレシピを募集したオリーブ料理コンテストの入賞作3点が披露され、審査員と会場の観客数人が試食して優勝作品を決める。

期間中には、「しんゆりフードフェス」も開催。オリーブや地元産の食材を用いた16種類の限定商品が並ぶ。

9日から始まる映画祭では、「生きるチカラ、映画のチカラ」をテーマに、川崎市アートセンター(同区万福寺)などで「仁義なき戦い」「レスラー」など国内外の名作や、次代の邦画を担う若手監督の新作計33本を上映。9日には「キャタピラー」の若松孝二監督らによるゲストトークも行われる。

オリーブまつりを主催する実行委員会の事務局は「身近に芸術を感じながら、家族でもイベントを楽しんでほしい」と話している。

【】


シェアする