1. ホーム
  2. 社会
  3. 人気ベーカリーと女子大コラボし「健康パン」発売へ、美肌や糖尿に配慮も/相模原

人気ベーカリーと女子大コラボし「健康パン」発売へ、美肌や糖尿に配慮も/相模原

社会 神奈川新聞  2010年09月21日 11:05

相模原市のベーカリー「ボナペティ」(南区東林間、田代日出夫代表取締役)は、相模女子大学(南区文京)の栄養科学部健康栄養学科・野田艶子教授のゼミとプロジェクトを組み、美肌効果や、糖尿病、高血圧、妊婦の人のために成分を配慮した計10種類の「健康パン」を完成させた。22日から同店などで発売する。人気ベーカリーと女子大生の“コラボレーション”によるおいしさと健康を両立させたという新商品。グルメらの注目を集めそうだ。

ボナペティは昨年、相模原商工会議所などでつくる実行委員会主催のお薦めの飲食店などを選ぶ「相模原お店大賞」を受賞した市内の人気店。同店の田代さんは今年に入り、「地元の大学と連携し、お客さんのニーズの高い健康志向で、『これぞ相模原』というパンを開発したい」と商議所に呼び掛けた。商議所が橋渡し役となって、6月末から野田教授と3年生のゼミ生8人とともにさまざまなパンを作った。

野田教授が考案した「くま子さんの美肌パン」(1個160円)は、カボチャ、ホウレンソウ、ゴマのビタミンACE(エース)を一緒に取ることができ、抗酸化作用などを上げて若々しい肌をサポートするという一品。

ゼミ生の高塚晶子さん考案の「玄米フルーツパン」(2個入り150円)は、食物繊維たっぷりの寒天入り。腸内でコレステロールを吸着し、体外へ排出、糖尿病の改善食として有効という。武井和愛さん考案の「ココナッツフルーツパン」(1個130円)は、ビタミン、ミネラル、カリウムを含んでいるココナツを使い、塩分とのバランスを配慮。高血圧の人が食べやすいパンだ。武井さんは「栄養のバランスや風味などを考慮し、ボナペティの職人さんのおかげで味もおいしいパンができた。ぜひ食べてほしい」と話している。

ボナペティは店内に健康パンのコーナーを設け、10種類のパンを順次発売する。また、22日から28日まで、伊勢丹相模原店(南区相模大野)の「相模原フェア」で、「くま子さんの美肌パン」など3種類のパンが発売される。ボナペティは午前7時~午後7時(木曜日は午後6時まで)。定休日は第2月曜日。問い合わせは電話042(741)0338。

【】


シェアする