1. ホーム
  2. 横浜文化賞に尺八奏者の三橋さん、芝山漆器の宮崎さんら/横浜

横浜文化賞に尺八奏者の三橋さん、芝山漆器の宮崎さんら/横浜

神奈川新聞  2010年09月15日 22:17

横浜市の林文子市長は15日、文化やスポーツなどの分野で活躍した横浜ゆかりの個人・団体を対象とする2010年度の横浜文化賞(第59回)と同賞文化・芸術奨励賞(第20回)の受賞者を発表した。

文化・芸術部門は、学術研究者の内海孝さん、尺八奏者の三橋貴風さん、芝山漆器職人の宮崎輝生さん、社会・スポーツ部門は、学校法人理事長の岩崎幸雄さん、市民団体の「横浜の空襲を記録する会」、文化・芸術奨励賞は、俳優・演出家の庄崎隆志さん、指揮者の山田和樹さん。

横浜文化賞選考委員会(委員長・牧内良平テレビ神奈川会長)で審議した。贈呈式は10月27日、ヨコハマ創造都市センター(中区)で行われる。

市は芸術、教育、社会福祉などの分野で尽力した人の功績をたたえようと、1952年に「横浜文化賞」を創設。91年からは今後の活躍が期待される若手、中堅に「文化・芸術奨励賞」を贈っている。

受賞者の功績は次の通り(敬称略)。

◆内海 孝

原三渓や大佛次郎の研究に取り組むなど横浜の地域研究に尽力。61歳。

◆三橋 貴風

12月にカーネギーホールで指揮者小沢征爾さんと共演を予定、世界的に活躍。60歳。

◆宮崎 輝生

横浜の伝統工芸・芝山漆器を伝承する芝山師。横浜マイスター。74歳。

◆岩崎 幸雄

幅広い学びのニーズに応え人材育成に寄与。文化・社会活動にも貢献。69歳。

◆横浜の空襲を記録する会

40年間にわたり空襲の実態を記録。市民に伝え後世に残す取り組みに尽力。

◆庄崎隆志

障害の有無にかかわらず楽しめる演劇を創作。48歳。

◆山田和樹

「横浜シンフォニエッタ」の音楽監督。31歳。

【】


シェアする