1. ホーム
  2. 社会
  3. ウインドサーフィンW杯担当の市職員が死亡

ウインドサーフィンW杯担当の市職員が死亡

社会 神奈川新聞  2017年06月08日 02:00

 横須賀市政策推進課の男性職員(32)が4月に死亡していたことが7日、市議会総務常任委員会で明らかになった。男性職員は5月に市内で開かれたウインドサーフィンのワールドカップ(W杯)事業を担当。直前1カ月間の時間外労働は93時間で、2~6カ月の平均は約48~74時間だった。

 国の労災認定の目安となる「過労死ライン」は、時間外労働が直前の1カ月間に100時間以上か、2~6カ月にわたり1カ月当たり80時間を超える残業があったことを目安としている。

 市などによると、男性職員は4月8日朝、自宅で息をしていないのを家族が発見。25日に搬送先の病院で死亡した。昨年8月の実行委員会発足時は男性職員を含む3人態勢だったが、順次補充し、4月は応援職員を含めて8人で業務を行っていたという。

 地方公務員の場合、過労死かどうかの認定は遺族などから出された書類を元に「地方公務員災害補償基金」(地公災)が行う仕組み。同委員会で市政策推進部の上条浩部長は「(過労死かどうか)私が判断する立場にはないと思います」と答弁した。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会