1. ホーム
  2. 社会
  3. トップアスリートと元気に汗、堀江・池田両選手招き陸上教室/川崎

トップアスリートと元気に汗、堀江・池田両選手招き陸上教室/川崎

社会 神奈川新聞  2010年09月04日 20:35

池田選手(右)と競走する子供たち=川崎市中原区の等々力陸上競技場
池田選手(右)と競走する子供たち=川崎市中原区の等々力陸上競技場

陸上競技の楽しさを知ってもらおうと、トップアスリートを講師に招いた陸上教室「100メートルの走り方を教わろう」が4日、川崎市中原区の等々力陸上競技場で開催された。35度を超える猛暑となったが、参加した小学4~6年生約120人は元気に汗を流した。

19日に同競技場で開かれる「スーパー陸上競技大会」の関連イベントで、同市の主催。今回は、2009年スーパー陸上女子400メートルで5位入賞した堀江真由選手(26)と、同年の世界陸上で日本代表として出場した池田大介選手(24)が講師として登場した。

教室では、姿勢や腕の振り方などフォームを確認。「腰の横を手のひらが通るように振って」「頭をひもで引っ張られているように背筋を伸ばして」など、細かな指導がなされた。最後には講師2人と競走するレースも行われ、子供たちは早速伝授された”技”を試していた。

市立百合丘小学校5年の女児(11)は「前よりちょっと速くなった気がする。11月の運動会で力を発揮したい」と声を弾ませた。

堀江選手は「教室をきっかけに陸上が好きになってくれたら」と話し、池田選手は「参加した子供たちの中から、将来僕のライバルになる子がでてくるのを楽しみにしている」と笑顔を見せていた。

【】


シェアする