1. ホーム
  2. 社会
  3. フラワーガーデンで食虫植物展、ハエトリソウ、モウセンゴケなど40種/小田原

フラワーガーデンで食虫植物展、ハエトリソウ、モウセンゴケなど40種/小田原

社会 神奈川新聞  2010年08月03日 11:20

6属40種が展示されている食虫植物展=小田原フラワーガーデン
6属40種が展示されている食虫植物展=小田原フラワーガーデン

小田原フラワーガーデン(小田原市久野)のトロピカルドームで「食虫植物展」が開かれている。ムシトリスミレやウツボカズラなど6属40種を展示している。22日まで。

葉で虫をはさみこむハエトリソウや筒状の葉を落とし穴として使うサラセニア、腺毛から粘り気のある粘液を出して虫を捕獲するモウセンゴケ、水中植物のタヌキモなどの食虫植物を観賞することができる。

食虫植物は、不足する栄養分を補うため、葉などで虫や小動物を捕らえる植物の総称。同ガーデンは現在、6属40種120株の食虫植物を栽培している。

トロピカルドーム入館料は大人200円、小中学生100円。小田原駅から伊豆箱根バス「フラワーガーデン行き」で終点下車。問い合わせは同ガーデン電話0465(34)2814。

【】


シェアする