1. ホーム
  2. 話題
  3. 銀行強盗を想定し合同訓練 海老名署と座間署

銀行強盗を想定し合同訓練 海老名署と座間署

話題 神奈川新聞  2017年06月03日 02:00

銀行強盗を想定した合同訓練
銀行強盗を想定した合同訓練

 海老名と座間の両署は2日、銀行強盗事件を想定した緊急配備訓練を実施、関係者約70人が参加した。

 訓練は海老名駅西口の横浜銀行駅前支店で閉店時刻の直前、男がかばんから刃物を取り出して窓口の女性行員を脅し、現金を奪ったと想定。

 犯人役は銀行前に待たせていた車に乗り込み逃走、男性行員2人がカラーボールを投げ付けた。駆け付けた署員が聴取した情報を周囲の交差点に配備したパトカーに伝達、現場から約4キロ離れた座間市入谷の公園駐車場で約30分後に確保した。

 参加した両署員は逃走経路に関する情報共有や、連携した検問実施の手順などを確認した。


シェアする