1. ホーム
  2. 話題
  3. 不審者侵入に備え訓練 相模原の小学校

不審者侵入に備え訓練 相模原の小学校

話題 神奈川新聞  2017年06月03日 02:00

学校に侵入した不審者(中央)への対応方法を確認した訓練=相模原市立淵野辺小学校
学校に侵入した不審者(中央)への対応方法を確認した訓練=相模原市立淵野辺小学校

 不審者が学校に侵入した事態に備える訓練が2日、相模原市立淵野辺小学校(同市中央区淵野辺4丁目)で行われた。相模原署が協力し、連携方法を確認した。

 訓練では、2時限目が始まってすぐ、不審者が校舎3階に入り込んだと想定。教員が連絡を取り合い、児童の安全を確保しながら、署員が扮(ふん)した侵入者を1階出入り口に誘導。通報を受けて駆け付けた警察官が取り押さえるまでの手順を確認した。

 訓練には4年生の児童たちも参加。各教室で先生の指示に従って素早く鍵を掛け、机や椅子で出入り口付近にバリケードを築く一方、不審者を刺激しないよう静かに教室内にとどまる「待避行動」も実践して万一の事態に備えた。

 実際の事件を想定し、同署のほか、周辺で巡回中の県警自動車警ら隊、機動捜査隊、第2交通機動隊のパトカーや白バイ計10台が次々と校庭に駆け付ける緊急配備訓練も実施した。


シェアする