1. ホーム
  2. 社会
  3. 女子美大とコラボ、県立公園で「夏休みこども大会」開催へ/相模原

女子美大とコラボ、県立公園で「夏休みこども大会」開催へ/相模原

社会 神奈川新聞  2010年07月28日 22:07

夏休みこども大会への参加を呼び掛ける山田さん(左)と石川さん
夏休みこども大会への参加を呼び掛ける山田さん(左)と石川さん

「公園は楽しい、植物はおもしろい」をテーマに、県立相模原公園(相模原市南区)で8月1日、「夏休みこども大会」が開かれる。主催の県公園協会とサカタのタネグループが地元の女子美術大学のメディアアート学科とコラボレーション。ペーパークラフトで食虫植物をつくるワークショップや、クイズラリーなど多彩な催しが繰り広げられる。

メディアアート学科の女子大生20人が協力。大会のポスターをデザインし、会場の一つ「サカタのタネグリーンハウス」の装飾も担当。高さ約2メートルの食虫植物のオブジェを設置するほか、ハエトリグサのペーパークラフトを指導、問題を解くとポストカードやバッジがプレゼントされるクイズラリーも運営する。

同学科3年の山田佳奈さん(20)と石川知恵さん(20)は「子どもたちにペーパークラフトなどを楽しんでほしい。親子で夏休みの思い出をつくってもらえればうれしい」と話している。

大会では、小学生以下を対象にカブトムシ約200匹を午後1時から無料配布するほか、木登り体験や竹とんぼづくり、ヨーヨーつりなど子どもたちが楽しめるイベントがずらり。

また、緑化意識の啓発を目指し、NPO法人の支援を受け公園内の木の健康状態を診断する催しも行われる。

午前10時~午後3時半。一部のイベントには参加料が必要。問い合わせは、県立相模原公園管理事務所電話042(778)1653。

【】


シェアする