1. ホーム
  2. 社会
  3. 天皇、皇后両陛下が使われた箱根寄木細工の湯飲みを展示/箱根

天皇、皇后両陛下が使われた箱根寄木細工の湯飲みを展示/箱根

社会 神奈川新聞  2010年07月15日 11:11

左が天皇陛下、右が皇后さまのために制作された湯飲み=箱根町立郷土資料館
左が天皇陛下、右が皇后さまのために制作された湯飲み=箱根町立郷土資料館

5月に箱根町内を訪れた天皇、皇后両陛下が使われた箱根寄木細工の湯飲みが、町立郷土資料館(同町湯本)に展示されている。

ともにふたと茶たくが付き、直径約8センチ、高さ約7センチ。同町畑宿に木工所を構える伝統工芸士・金指勝悦さんが町の依頼を受けて制作した。ホオノキやミズキなどを組み合わせ、それぞれ異なる模様をあしらった。

両陛下は5月23日、第61回全国植樹祭に出席。24日に箱根湿生花園(同町仙石原)を見学し、その前後に近くの仙石原文化センター2階で休憩した。

町教育委員会の飯塚敬子さんら女性職員4人が、足柄茶とほうじ茶に湯河原産ミカンのもなかを添えてもてなした。天皇陛下は「これは寄木細工ですね」、皇后さまは「この白い木はミズキですね」と尋ねたという。

秋の企画展による配置換えまで展示される予定。午前9時~午後4時半。高校生以上200円、小中学生100円。問い合わせは、同資料館電話0460(85)7601。

【】


シェアする