1. ホーム
  2. 社会
  3. 「黒い死体の山」「死を覚悟した」 横浜大空襲の体験者の言葉に耳傾け

「黒い死体の山」「死を覚悟した」 横浜大空襲の体験者の言葉に耳傾け

社会 神奈川新聞  2017年05月30日 02:00

約80人が体験談に聞き入った祈念のつどい=横浜にぎわい座
約80人が体験談に聞き入った祈念のつどい=横浜にぎわい座

 横浜大空襲を次世代に語り継ぐ「『5・29』横浜大空襲祈念のつどい」が29日、横浜にぎわい座(横浜市中区)で開かれた。約80人が体験者の言葉に聞き入り、平和への思いを新たにした。「横浜の空襲を記録する会」の主催で47回目。

 黙とうをささげて犠牲者の冥福を祈った後、体験者が登壇。当時13歳だった打木松吾さん(85)=横須賀市=は「空襲後に街を見下ろすと夜のように暗く、死を覚悟した」と振り返り「絶対に戦争はしてはいけない」と強調。

 教師だった三木弘子さん(92)=藤沢市=は学校に避難してきた人を手当てし、「黒い死体の山を見ながら夢中で帰宅した」と話した。

 同会の藤井あつしさんは「不安定な政治情勢の影響もあり、体験者の話には戦争に対する危機感がにじみ出ていた。今後も平和の大切さを次世代に引き継ぎたい」と話した。


シェアする