1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 横浜市長選まで2カ月、カジノ巡り駆け引き さらに擁立の動きも

横浜市長選まで2カ月、カジノ巡り駆け引き さらに擁立の動きも

政治行政 神奈川新聞  2017年05月30日 02:00

カジノ計画の候補地とされる山下ふ頭=横浜市中区
カジノ計画の候補地とされる山下ふ頭=横浜市中区

 7月30日投開票の横浜市長選は、投開票日まで2カ月となった。無所属での立候補の意思を明らかにした元衆院議員の長島一由氏(50)に加えて、現職の林文子市長(71)は週明けの6月6日にも出馬表明する見通し。カジノを含む統合型リゾート(IR)施設への対応を巡る思惑から、ほかに新たな候補の擁立を探る動きもあり、情勢は流動的だ。

 現職に関しては、市内経済人ら市民の会が29日に出馬要請したほか、20日には市内選出の菅義偉官房長官(衆院2区)が、約3千人の支援者を集めたパーティーで「林市長が出馬したら応援したい」と宣言。自民党などは正式な要請を受けた上で6月中にも推薦を決定する方針だ。

 市長選に向けて準備が進む中、

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする