1. ホーム
  2. 社会
  3. 米軍相模補給廠の一部、2013年度末までに返還見通し 相模原

米軍相模補給廠の一部、2013年度末までに返還見通し 相模原

社会 神奈川新聞  2010年06月07日 23:30

 相模原市の加山俊夫市長は7日、2013年度末までに、在日米陸軍相模総合補給廠(しょう)(中央区、約214ヘクタール)の約17ヘクタールの一部返還が実施される見通しを示した。相模原市は政令指定都市移行を機に、相模原の「表玄関」として、一部返還予定地などJR相模原駅周辺地区のまちづくりの検討に力を入れており、構想の具体化が進みそうだ。

 加山市長は同日の市議会本会議で、一部返還の条件となっている返還予定地にある米軍家族住宅(88戸)の米軍相模原住宅地区(南区)への移設工事について説明。「国から13年度までの工事完成を目指して所用予算を確保し、整備していくとの回答があった。このことが返還時期の目安となる」と述べた。佐藤賢司(新政クラブ)、山崎順二(公明党)両氏の質問に答えた。

 市長は本会議後、神奈川新聞社の取材に対し、13年度末までに移設工事を終えれば、それに伴い、一部返還も実現するとの見通しを表明。「一日も早く(一部返還を)実現したい。『表玄関』のまちづくりに弾みがつく」と語った。

 市長によると、国の説明では、相模原住宅地区に建設予定の家族住宅218戸の設計が完了し、そのうち約半数の106戸について、10年度から11年度にかけて工事が行われる。鉄道・道路用地約2ヘクタールも10年度、返還に必要な境界柵などに関して調査、測量、設計が実施されるという。

 市渉外課によると、08年6月に日米合同委員会で一部返還について正式合意した予定地には、国際コンベンション施設や文化ホール、保健・福祉施設の設置、娯楽系の複合商業施設誘致などを検討している。約2ヘクタールの鉄道・道路用地は、市の構想では、小田急多摩線延伸用地としての使用を掲げている。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 複数の女子高生と同時に性行為 男を逮捕

  8. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  9. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  10. 【写真特集】台風15号の被害状況