1. ホーム
  2. 社会
  3. 「横須賀市民九条の会」発足5周年記念し29日もイベント/神奈川

「横須賀市民九条の会」発足5周年記念し29日もイベント/神奈川

社会 神奈川新聞  2010年05月11日 21:43

平和憲法を守ろうと活動している市民グループ「横須賀市民九条の会」が29日に発足5周年を迎える。京急線横須賀中央駅前で9日に実施した記念イベントには会員や市議会議員らがそろい、歌やスピーチを通して憲法9条の大切さをアピールした。

同会は2005年に「戦争がない希望の持てる社会を次世代のために残そう」と主婦を中心とする約10人が立ち上げ、同年5月29日の発足式には約200人が集まった。現在は約1170人が会員登録している。

記念イベントは約50人の参加者がアコーディオン演奏に合わせ、「こいのぼり」や「武器を捨てろ」、「アメージング・グレース」、「グローリー・ハレルヤ」といった歌を平和への思いを込めながら合唱した。同会事務局の岸牧子さん(53)は「憲法9条の意義を多くの市民に感じてもらえるよう活動を続けていきたい」と話している。

記念イベントの第2弾として、6月3日にはヴェルクよこすか(同市日の出町1丁目)で「鳩山政権でどうなるの、私たちの横須賀」と題した学習会が開かれる。午後6時20分~8時45分まで。参加費300円。問い合わせは、同会事務局電話090(1051)1812。

【】


シェアする