1. ホーム
  2. 社会
  3. 川崎市内のホームレス 8年連続で減少

川崎市内のホームレス 8年連続で減少

社会 神奈川新聞  2017年05月25日 14:30

 川崎市は23日、市内の公園や河川などで生活する今年1月現在のホームレスの概数が前年より42人少ない341人だったと発表した。8年連続で減少した。

 性別は男性が324人、女性9人、不明8人。場所別では河川が178人と全体の52・2%を占め、公園58人、道路56人、駅前広場・公共施設など「その他施設」が40人と続く。

 区別では、川崎区が144人で42・2%を占め、中原区82人、幸区52人、高津区35人と続く。市内のホームレスは2003年の1038人をピークに減少傾向にある。

 市生活保護・自立支援室は「市内を巡回する専門相談による自立支援施策を受ける人が増えているとともに、雇用状況の改善も影響しているのではないか」と分析している。調査は1月12、13の両日、同市の専門巡回相談員が目視で行った。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 三浦半島で停電相次ぐ

  2. 台風の波が掘り返す? 横浜・山下公園の海底から銃弾 

  3. 「ホームレス襲撃」と命の重さ 横浜で22日上映会

  4. 進む入居者間連携 「湘南アイパーク」開所1年半

  5. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  6. 県立6施設22日に無料公開 即位礼正殿の儀を慶祝

  7. 【台風19号】相模原の住宅被害116棟 夫婦捜索に全力

  8. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  9. ラグビーW杯 「松島、ここからが勝負」恩師のエール

  10. 知的障害の15歳少女を誘拐、藤沢市内で 29歳の男逮捕