1. ホーム
  2. 社会
  3. メーデー三浦半島統一、初の合同開催に2000人

メーデー三浦半島統一、初の合同開催に2000人

社会 神奈川新聞  2010年04月29日 23:10

三浦半島地域連合と三浦半島地区労主催の「2010三浦半島統一メーデー」が29日、横須賀市稲岡町の三笠公園に2千人(主催者発表)を集めて開かれた。厳しい経済・雇用情勢の中、夏の参院選や年末の逗子市長選、来春の統一地方選に向けて積極的に取り組むことを確認し合った。=関連記事20面に

これまで横須賀、鎌倉の2会場に分かれて実施していたが、今回は試行的に初めて合同で開催。約60組合が参加し、おでんやうどん、焼きそばなど各組合の模擬店も多数並んだ。小動物と触れ合える「ミニ動物園」コーナーも設けられ、会場はお祭りムードにあふれていた。

家族で訪れていた横須賀市内の男性会社員(45)は「人が減って仕事量は増えているのに残業も認められない」と厳しさを強調。鳩山政権に対しては「選挙に勝つことばかり考えず、将来のビジョンをしっかり示して経済の活性化策に取り組んでほしい」と注文していた。

【】


シェアする