1. ホーム
  2. 社会
  3. 阿藤快さん、柳沢慎吾さんら著名人6人が初代「小田原ふるさと大使」に就任へ

阿藤快さん、柳沢慎吾さんら著名人6人が初代「小田原ふるさと大使」に就任へ

社会 神奈川新聞  2010年04月23日 11:22

小田原市出身で俳優の阿藤快さん、柳沢慎吾さんの2人を含む著名人6人が5月1日、初代の「小田原ふるさと大使」に就任する。市が委嘱する大使は「城下町・小田原」の魅力を、折に触れてPRする役割を担う。市も市ホームページで各大使の情報を発信し、相互の交流をまちづくりに生かす方針だ。

ふるさと大使は、市にゆかりがあり、経済や文化、教育、芸術、スポーツなどの分野で活躍する著名人を対象とする。

市は阿藤さん、柳沢さんに加え、小和田哲男さん(北条早雲研究の第一人者、静岡大学名誉教授)、白井貴子さん(歌手、かながわ環境大使、小田原ふるさとの原風景百選選考委員)、柳家三三(さんざ)さん(落語家、小田原市出身)、夢枕獏さん(作家、同)の6人に初代大使を依頼したところ、全員が快諾。市は1日までに、一人一人に委嘱状を手渡すという。

大使の任期は2年で再任可能。無報酬だが、市は大使の名刺と広報紙、ミカンや梅干しなどの特産物を提供する。

大使はさまざまなメディアで小田原市の魅力をPRするだけでなく、加藤憲一市長との対談や講演会、イベントへの参加、市へのアドバイスなどを行う。

阿藤さんは5月3日、北條五代まつりで武者隊を率いる早雲公役として騎乗し、市民に勇姿を披露する。

【】


シェアする