1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 運動と交流の拠点に 大和市、学習センター設計公表

運動と交流の拠点に 大和市、学習センター設計公表

政治行政 神奈川新聞  2017年05月24日 02:00

来年8月オープン予定の「(仮称)中央林間学習センター」のイメージ図(大和市提供)
来年8月オープン予定の「(仮称)中央林間学習センター」のイメージ図(大和市提供)

 大和市はこのほど、同市中央林間1丁目に計画している「(仮称)中央林間学習センター」の実施設計を公表した。生涯学習施設としての機能を軸に、屋内球技で活用できるアリーナ、親子交流サロンといったスポーツ、子育て関連機能も兼ね備える。来年8月にオープンする予定。

 市営緑野住宅跡の市有地に建設し、敷地面積は約5560平方メートル、延べ床面積は約3940平方メートル。鉄骨3階建てで、1階には読書や自習などで使える市民交流スペース、幼児用トイレ・シャワー、授乳室などと一続きのプレイルーム、会議室、多目的室などを設ける。

 2階はバスケットボール、バレーボールなど5競技用のコートを備える。発災時に最大700人を受け入れることが可能で、非常食、防寒用資機材も常備する。屋外には子ども広場を整備する。

 健康維持や多世代交流を基本コンセプトとし、指定管理者制度を導入する方針。

 市は同センターの設置に関連し、市生涯学習センター条例一部改正案について、市民の意見を募集するパブリックコメントを6月15日まで実施している。問い合わせは、市図書・学び交流課電話046(259)6104。


シェアする